記事の詳細

アマゾン輸出

Amazon.caでの出品

 

1

 

皆さんこんにちは、フミヤです!

前回は、ぬいぐるみのお話をいたしました。

今回は、Amazonカナダについてお話いたします。

 

カナダのAmazonであるAmazon.caで商品を出品した雑感です。

カナダのAmazon.caは、カナダの人口から考えて市場としての規模は小さいと言えます。

 

ですが、経済は安定しているのもあって良い商品はしっかり売れるところですし、

稼げるところは稼げるところです。

ここでで売れている商品は、

見たところアメリカのAmazon.co.jpとあまり変わりないようでした。

 

しかし、注目すべき点はアメリカのFBAで出品している方がたくさんいる商品でも、

カナダだとFBAでの出品が一つもないことがあったことです。

 

つまり、カナダのAmazonでFBA出品をすれば、高値で売れる可能性が高いのではないか、

ということになります。

アメリカでは飽和してしまっている商品をカナダでFBA出品するといったことが考えられますね。

 

そう考えると「Amazon.caにFBAで出品したい」と思えるのですが、

そこには二つハードルとなることがあります。

 

まず、FBA出品する場合に手数料を計算してくれる

「FBA料金シミュレーター」に

カナダ版が無いということです。

 

とはいえ、これはアメリカ版のシミュレーターで計算することができるので、

そこまで難しいことではないでしょう。

 

アメリカ版FBA料金シミュレーターの右上にある

「Select Country(国を選択)」から、「US」の部分を「CA」にして「Go」をクリックすれば、

カナダの料金での計算になるのです。

 

二つ目は、無在庫で出品するために、

まず最低でも1000~3000個は商品を登録しないと売れないと言われていることです。

 

これを現実的に時間で考えてみると、効率よく出品しても1時間で約60個程度と考えて、

1日100個の商品を登録しても売れ出すには最低10日~30日かかってしまいます。

 

もちろん、商品を出品する時には日本とカナダの両方のAmazonで商品ページを確認したり、

あまりにランクが悪い商品はパスしたりと一般的に出品する際に考えなければならないことは

一通り考えてから出品します。

 

売れるような出品でないと意味が無いからです。

 

このようにカナダのAmazon.caで出品するためには、少し苦労しなければなりません。

しかし、前述のとおり売れるメリットは多いため、挑戦してみる価値はあると思います。

 

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

次回も楽しみにしていてくださいね!

 

 

通販で出品する商品に困った時はこちらをご参考ください!

「週刊アマゾン通販」

世界のアマゾンと日本のアマゾンで販売されてる価格差の大きい商品を毎週20アイテムご紹介!

世界のアマゾンで輸入して、日本のヤフオクや様々な通販サイトで販売しましょう!

「アマ通」は、AmazonのKindleストアから販売しています。

価格は、税込で500円です。

皆さん是非、Kindleストアで「週刊アマゾン通販」と検索してみてくださいね。

または、下記画像をクリック!

ただ今「無料で読める期間限定キャンペーン」実施中!


  • <創刊号>


  • <002号>


  • <003号>


  • <004号>


  • <005号>


  • <006号>


  • <007号>


  • <008号>


  • <009号>


  • <010号>


  • <創刊号-010特別号10冊セット>


  • <011号>


  • <012号>


  • <013号>

色々なECサイトのプラットフォームで使える!
物販で利益率の高い商品や商品リサーチにお困りではありませんか?そんなお悩みを一気に解決しちゃいましょ!

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2019年11月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。