記事の詳細

1

中国メーカーの洋服のサイズについて

 

1

 

皆さん、こんにちは!

マーメイ(麻美)です。

前回は、ちょっとした小ネタについてのお話を致しました。

今回は、中国メーカーの洋服のサイズについてお伝えします。

 

よくタオバオ(淘宝)で購入した服のレビューで見かけるのは、

「なんだかサイズが日本のものより小さく感じる」

というものです。

 

 

実際、商品を仕入れている人も感じたことがあるのでは?

試しにタオバオ(淘宝)で購入した服のサイズをしっかり測ってみると、確かに若干小さい…。

 

その国の体形の傾向によってサイズは違います。

例えばアメリカは、着丈が長い、

身がゆったり目であるなど日本と同じサイズでも少し大きめに作られています。

 

中国の女性ってスタイル良さそうな人が多いし、少し小さめなんだね。

と思ったあなた。

少し考えてみてください。

 

ここでわざわざ記事を1つ書くというのは、相応の理由があるのです。

 

ヒント①、国内でもブランドものや正規品を買うと服のサイズは小さくないです。

ヒント②、中国人と日本人の平均身長はさほど変わらないです。

 

さて、分かりましたか?

 

ヒントはつまり、「国内のサイズは日本と変わらない非正規品は小さく作っている」

ということになります。

それはなぜか?

 

生地を少なくして経費削減している(!!)のです。

 

「ワンピースのはずなのにまるでチュニックです。」

「丈がもう少し長い方が良かったなあ…。」

「ちょっときつい!太ったかも。」

 

そのたくさんの声が、少しづつ彼らの利益となっているのです。

 

ちょっと日本では考えにくい経費削減ですよね。

 

正直こうして消費者に見える形で経費削減が行われるのは少しいい気がしませんが、

この商人魂は見習うべきところがあるかもしれません。

 

タオバオ(淘宝)服(一部)のサイズが小さい訳、お分かりになりましたでしょうか。

普通は「なぜこのサイズはこのサイズなのか」なんて考えませんよね。

 

しかし、それは自分が消費者で気にならないからオーケー程度のもの。

売る立場に立てば、あらゆるお客様を想定しなければなりません。

野菜を売るとき、農家の方がどんな風に作っているかが分かるというサービスもありますよね。

 

自分が売り手として買い手の方との信頼関係を築きたいと思うのならば、

しっかり商品のこと、その背景のことを知ってください。

 

「なぜそうなのか?」

 

しっかり考えてより良い売り手になってください。

そうすることできっと自分の利益にもつながります!

 

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

次回も楽しみにしていてくださいね。

 

 

通販で出品する商品に困った時はこちらをご参考ください!

「週刊アマゾン通販」

世界のアマゾンと日本のアマゾンで販売されてる価格差の大きい商品を毎週20アイテムご紹介!

世界のアマゾンで輸入して、日本のヤフオクや様々な通販サイトで販売しましょう!

「アマ通」は、AmazonのKindleストアから販売しています。

価格は、税込で500円です。

皆さん是非、Kindleストアで「週刊アマゾン通販」と検索してみてくださいね。

または、下記画像をクリック!

ただ今「無料で読める期間限定キャンペーン」実施中!


  • <創刊号>


  • <002号>


  • <003号>


  • <004号>


  • <005号>


  • <006号>


  • <007号>


  • <008号>


  • <009号>


  • <010号>


  • <創刊号-010特別号10冊セット>


  • <011号>


  • <012号>


  • <013号>

色々なECサイトのプラットフォームで使える!
物販で利益率の高い商品や商品リサーチにお困りではありませんか?そんなお悩みを一気に解決しちゃいましょ!

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2019年11月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。