記事の詳細

購入代行業者の選び方④

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、こんにちは!

マーメイ(麻美)です。

前回は、代行業者の検品についてのお話を致しました。

トラブルになりやすい典型的なパターンですから、どう回避していくか

代行業者さんとよく確認されてくださいね。

今回は、購入代行業者選びの配送スピードについてお伝えします。

まずは下記が前回までのおさらいです。

1 業者に、タオバオのショップの対応の良し悪しを確認してみる。

2 複数の商品を買う場合でもできるだけ一つのショップで購入する

3 業者とタオバオのショップの場所が近い

今回お伝えするのはもうひとつのヒントです。

「タオバオのショップと購入代行業者の所在地を確認する」がそのヒントです。

前回と同じことのようですが、少しニュアンスが違い、所在地そのものの場所を確認しておく、ということです。

中国では日本と比較して交通網が充分整っているとは言えず、タオバオで商品を購入する際にも、これを意識することが非常に重要になってきます。

例えば、購入しようとしているショップが内陸やすこし変わった場所にあったりすると、中国国内での移動に余計な時間がかかってしまいます。

代行業者に関しても然りで、所在地そのものを確認しておくと、後々時間がかかってしまうのを未然に防げます。

また、中国から日本への便ですが、EMSが代行業者に利用されやすいです。

空輸であるEMSを利用するならば、日本との便が多くある都市に近いほうが、商品を早く受け取れる可能性が高い、ということになります。

ショップの所在地ももちろん、代行業者の所在地にも注目したいですね。

具体的にいうと、上海、北京、大連、広州、深圳、杭州あたりがみなさんも知っているような大都市かつ日本への便の多い都市と言えるでしょう。

加えて、代行業者は概ねこれらの都市に拠点を置いていることが多いので、問題はないと思われます。

ちなみに杭州はタオバオの本社がある都市です。

私の場合は上海、杭州、深圳にあるショップを利用することが多いです。

代行業者の場所によって日本までの到着時間が変わりますから、この辺りも皆さん頭に入れておくと良いかもしれませんね。

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

次回も楽しみにしていてくださいね。

通販で出品する商品に困った時はこちらをご参考ください!

「週刊アマゾン通販」

世界のアマゾンと日本のアマゾンで販売されてる価格差の大きい商品を毎週20アイテムご紹介!

世界のアマゾンで輸入して、日本のヤフオクや様々な通販サイトで販売しましょう!

「アマ通」は、AmazonのKindleストアから販売しています。

価格は、税込で500円です。

皆さん是非、Kindleストアで「週刊アマゾン通販」と検索してみてくださいね。

または、下記画像をクリック!

ただ今「無料で読める期間限定キャンペーン」実施中!


  • <創刊号>


  • <002号>


  • <003号>


  • <004号>


  • <005号>


  • <006号>


  • <007号>


  • <008号>

色々なECサイトのプラットフォームで使える!
物販で利益率の高い商品や商品リサーチにお困りではありませんか?そんなお悩みを一気に解決しちゃいましょ!

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2019年6月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。