記事の詳細

皆さんこんにちは!

通販課マサです!

今回は「メルマガ」ついてお話をしていきたいと思います。

 

 

 

メールマガジンを用いた宣伝で得られる効果は大きく分けて二つあります。

    ■リピーターへの販売促進

    ■新規顧客の獲得です

 

どちらに重点を置くかで、メールマガジンの構成も変わってくるので注意しましょう。

 

マーケティングにおいて、重要なキーワードの一つに「顧客生涯価値」というものがあります。

名前の通り、一人の顧客が生涯にどれだけの買い物をしてくれるかということです。

 

例えば、

Aさんが、初めての買い物で5000円使ってくれたとします。

その後、10000円の買い物をしてくれたらAさんの「顧客生涯価値」は15000円となります。

 

このとき、二回目の買い物のほうが高く設定しました。

なぜかというと、一般的に顧客単価は二回目以降のほうが高くなることが多いです。

 

これにも理由があります。

 

単純に一回目の買い物は不安なので様子見で安く買い物をするということなのでしょう。

 

また、最初にリピーターと新規顧客のどちらに重点を置くかということを少しだけ話しました。

基本的には、新規顧客を集めるコストよりも、リピーターを増やすのにかかるコストの方が安いです。

 

メールアドレス一つ集めることにも費用がかかるので、

一つのメールアドレスに複数回メールを送ったほうが効率的です。

 

また、顧客単価のことも踏まえて考えると、断然リピーターを増やすほうが良いでしょう。

 

リピーターにメールを送ることを前提に考えると、

他にかかる費用は「メールの送信料」と「メールの作成費用」の二つです。

 

「メールの送信料」はメール一通ずつにかかる費用ですが、「メールの作成費用」は固定費なので、

一通でも百通でも費用は変わりません。

 

ですから、できるだけ多くの人に対してメールを送ったほうが効率が良いので、

メールアドレスが少ないうちは効率が良くないので控えたほうがよいかもしれません。

 

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

次回も楽しみにしていてくださいね。

マサでした!

 

 

通販で出品する商品に困った時はこちらをご参考ください!

「週刊アマゾン通販」

世界のアマゾンと日本のアマゾンで販売されてる価格差の大きい商品を毎週20アイテムご紹介!

世界のアマゾンで輸入して、日本のヤフオクや様々な通販サイトで販売しましょう!

「アマ通」は、AmazonのKindleストアから販売しています。

価格は、税込で500円です。

皆さん是非、Kindleストアで「週刊アマゾン通販」と検索してみてくださいね。

または、下記画像をクリック!

ただ今「無料で読める期間限定キャンペーン」実施中!


  • <創刊号>


  • <002号>


  • <003号>


  • <004号>


  • <005号>


  • <006号>


  • <007号>


  • <008号>


  • <009号>


  • <010号>


  • <創刊号-010特別号10冊セット>


  • <011号>


  • <012号>


  • <013号>

色々なECサイトのプラットフォームで使える!
物販で利益率の高い商品や商品リサーチにお困りではありませんか?そんなお悩みを一気に解決しちゃいましょ!

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2019年10月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。