記事の詳細

 

 

 

こんにちはフミヤです。

 

今回は、Amazon輸出と輸入を絡めたお話をしたいと思います。

 

 

以前お話いたしましたが、amazon輸出を始める前に日本amazonで売買をすることをお勧めしました(参照アマゾン課輸出編002)

 

すでに日本国内で転売などをされている方であれば、amazon輸出する商品は日本国内で転売した商品の売れ残りを米国amazonに出品すればOKです。

 

 日本の商品を国内で転売となるとあまり高値をつけることはできませんが、米国に輸出であれば高値で売ることができます。

 

 今、amazon輸出をしている多くの方は日本国内の間で転売をしていた人が多くの割合をしめています。

 

前述したとおり、国内で流行っているフィギュアやアニメ関連商品は米国でも売れます。

 

国内売買向けにリサーチをすることがamazon輸出のリサーチにつながるのです。

 

 私が日本国内での売買から始めることを推奨した理由の一つです。

 

また、国内での転売の売れ残りを米国amazonへ輸出なので日本と米国の二箇所で稼ぐことができます。

 

仕入れは一回で済んでしまうので、手間がまた一つ減らすことができてしまってお得です。

 
 

ただ、日本国内での転売だとあまり高値をつけることができないのと、ライバルが多いのでamazon輸出がより魅力的に感じてしまうかもしれませんね。

 

 日本Amazonランキングで上位に上がっていたフィギュアが再販された時などは特に狙い目です。

 

再販ということは、初版でかなり売れて今でも需要があるということです。

 

またフィギュアは限定品が多く、一度買い逃がすと再販される保障はないので食いつきが違います。

 

特にプライズ商品はあくまでゲームやくじの景品なので再販されることはほとんど無いでしょう。

 
 

人気の傾向がわかりやすく、種類も豊富なので初心者はまずフィギュアやアニメ関連商品から始めてみましょう。

 

フィギュアは個人的に好きなので、フィギュアを例にお話をいたしました。

輸入転売はわかりやすいので輸入転売はお済だと思います。

輸出は輸入に比べると難しさを感じるかもしれませんが、同列に考えて

これから転売というお仕事を考えるとより、儲かる可能性が増えると思います。

 

ということで、今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

アマゾンで利益率の高い商品や商品リサーチにお困りではありませんか?

そんなお悩みを一気に解決しちゃいましょ!

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2019年11月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。