記事の詳細

こんにちは!フミヤです。

前回に引き続き、JANコードについてのお話です。

皆さん、JANコード付与されましでしょうか?

皆さんのJAN企業コードが付与されましたら早速作ってみましょう!

と言っても適当にバーコードを作っていいわけではありません。

「チェックデジット」という
「誤読を防止するための検査数字」
を付けなければなりません。

こちらのページに詳しい説明があります。

http://www.dsri.jp/jan/check_digit.htm


「チェックデジット計算方法」をクリックします。


参考までに
赤で囲った部分が計算式の説明になりますが、1アイテムずつ計算していたら大変ですよね。

こちらのページに便利なツールがあります!!

http://www.dsri.jp/jan/check_digit.htm


9ケタの事業者コードと3ケタの商品コードを表に入れ、
「計算ボタン」を押すと
先ほどの面倒な計算をしてくれて1ケタのチェックデジットが表示されます。

9ケタの事業者コードと3ケタの商品コード、
1ケタのチェックデジットを順番に並べた13ケタの数字が
バーコードになります。


これで13ケタのバーコードが作成出来ました。

amazonに商品登録する時にこのJANコードを入力すれば
世界で唯一の商品をamazonに出品する事ができるというわけです。

しかし、amazonへ出品の際、自社バーコードは隠さなくてはいけません。

せっかく作っても無駄になってしまうので、特にバーコードシールなどを
作成する必要はありません。

次回はいよいよJANコード付商品を出品する部分に
触れていきますのでお楽しみに!

フミヤでした!

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2019年5月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。